得意技はあるの?
得意技はあるの?



 
なんといっても補綴(ほてつ)

補綴とは・・・歯の抜けた場所に差し歯や入れ歯、インプラントを入れる仕事。

差し歯や入れ歯(技工物)を作る際には、まず医師が歯型をとります。次に技工士がその指示に従って技工物などを作ります。大学病院時代には技工士さんに頼むのを禁止されていました。ですから、担当していた患者さんの治療を最初から最後まで自力でこなす、という大変な修業でこれらの技術を鍛えました。例えば

はぎしりをしても外れない前歯の差し歯
噛めばかむほど外れない入れ歯
ばねが消えて見た目にはわからない入れ歯
無痛で入れられるインプラント




手術なしで治る歯周病治療


どんなに良い差し歯や入れ歯、インプラントを作っても、歯茎が弱くて抜けてしまえば元も子もありません。結局、歯を入れる前の前段階として、「歯周病を直しておく」という環境整備をきちんとしなければならない。当院では、衛生士学校の講師を勤めて身につけた教学経験と知識を応用して、もっとも有効かつ手術をしないですむ歯周病治療法を取り入れた。




泣かせない子供の治療

診療中、親が診療台の側で『泣くと診てもらえないよ』と、泣く子供に叱る光景をよく見かけます。泣かせない治療というのは、時間をかけて心細さを感じている子供との間に、親を通さない直接の信頼関係を作り上げることです。



                      得意技大公開
Copyright(c)2012 Taiwan Fuji Dental Clinic. All Rights Reserved